カテゴリ:
私は特にツンデレ萌えがあるわけではないんだけど、二次創作をやっていると、たまたま別の要因でハマったキャラがツンデレだったっていうことがたまにあるわけで、そうするとツンデレを書くことになったりするわけです。

そこで、表題の件になるわけなんだけども、ツンデレって本当に書くのが難しい。
ここ数年で一般化(?)された「ツンデレのイメージ」っていうと、顔を真っ赤にしてただの暴言を吐いていたり、とりあえず「べっ別にあんたのためじゃないんだからね!?」って言ってたり…って印象を受けるんだけど、 それはなんか違うんじゃないかな?と思うわけです。

あくまでも私の中のイメージですが、ツンデレって、自分の気持ちを素直に表すのが苦手な人で、特に「心配」とか、「配慮」とか、そういう相手の為の気持ちを表現するのが苦手な人なのかなって。
で、そういう気持ちを表現した時に、本当は心配している(デレ)のに、下手くそだから「なんでそういうことをするの!?バカじゃないの!?」って怒ってるみたいな言い方(ツン)になっちゃう。
 
ただ、これだとキャラクターとして確立するには弱いので、ある程度誇張しないとなんですが。その誇張した部分が一人歩きした結果があのツンデレ喫茶みたいなコレジャナイ感溢れる感じのアレなんだろうなあ。

で、書くのが難しいっていうお話。キャラにツンデレな対応をさせたいと思ったときに、エピソード作りが難しいというか…気を付けないと、さっき書いたみたいな、ただテンプレに則った台詞を言わせただけみたいになっちゃう。

つまり何が言いたいかっていうと記憶喪失へし厚ネタで詰まっているわけです。
プロット書くときなんてほとんど勢いだから、何も考えずに「長谷部はツンデレだから厚君に告白されても手酷く振る」とか書いたわけですけど、いざ文章にしようとしたら、「ツンデレとは…??」って。

そんなこんなで、頭の整理がてら記事にしてみたのでした。
答えは出なかったけどな!\(^o^)/
まあ別に締切があるものではないのでじっくり考えて書こうと思います。書き終わる前に飽きないかだけが心配!