アーカイブ

2016年06月

らくがきとか

カテゴリ:
お互いにお互いの想いは知ってるんだけど、
親とか友人とか世間とかそういう周りの目が気になってしまって踏ん切りがつかなくて、
一歩踏み出せずに親友関係のまま、お互いに結婚して子供もできて、
もちろん今のパートナーも子供も本当に愛していて、
そのまま穏やかに家族ぐるみでずーっと仲良く付き合ってって
 生まれ変わったら今度こそ一緒になろうねって約束しているホモ


似たようなのをぴくしぶで見かけてなにこれ萌えるって思ったのでとりあえず吐き出し
別に何かしら描こうと思ってるわけではない。 


そういえば最近ちょいちょいらくがきしてます

walter
ヘルシング見たんだよ少年ウォルターすっげー好きです
あと婦警のおっぱいが好きです


blackclover
みんなブラクロ読もうよ面白いよ
あんまり話題になってないのが解せぬ
私はヤミアスが好きです
ブラクロが流行ったら絶対王道だと思うんだけどなあ



karaoso
友人に布教されてカラおそ。
カラおそはおねしょた系ホモだと思うんだ。



b6c1569fc360b2f138f1c3bf496520e0
だけどたまに下剋上してほしいカラおそ。




今まで、自分の絵柄ってものを意識したことがなくておそ松さん描くとき毎回戸惑ってる…。
たぶんこれも自分の絵柄っていうよりは、pixivで見た好きな感じの二次創作を参考にしてる感じが強い。
あ、でもそれはあれか、絵柄ってよりキャラデザか。
絵柄っていうのはつきつめれはその人が描く絵の特徴ってわけで、
こういう漫画絵で言う特徴っていうのはつまり輪郭の描き方だとか瞳の描き方、
あと色の塗り方とか髪の毛の描き方とか…そういうもののことなのか。
そうやって考えると確かに私にも自分の絵柄って物はあるのかもしれない。

もしかしたら私はもっと特徴的な絵柄になりたいな―って思っていたのかな。
誰が見ても私の絵だって思ってもらえるっていうのはやっぱり憧れるものね。
 
当たり前のことかもしれないけどちょっとすっきりした!



すっきりしたところで原稿に戻ります。
さっきお昼に食べようとした冷凍パスタを1/3くらいぶちまけてとっても悲しくなったけど私負けない 

カテゴリ:
私は特にツンデレ萌えがあるわけではないんだけど、二次創作をやっていると、たまたま別の要因でハマったキャラがツンデレだったっていうことがたまにあるわけで、そうするとツンデレを書くことになったりするわけです。

そこで、表題の件になるわけなんだけども、ツンデレって本当に書くのが難しい。
ここ数年で一般化(?)された「ツンデレのイメージ」っていうと、顔を真っ赤にしてただの暴言を吐いていたり、とりあえず「べっ別にあんたのためじゃないんだからね!?」って言ってたり…って印象を受けるんだけど、 それはなんか違うんじゃないかな?と思うわけです。

あくまでも私の中のイメージですが、ツンデレって、自分の気持ちを素直に表すのが苦手な人で、特に「心配」とか、「配慮」とか、そういう相手の為の気持ちを表現するのが苦手な人なのかなって。
で、そういう気持ちを表現した時に、本当は心配している(デレ)のに、下手くそだから「なんでそういうことをするの!?バカじゃないの!?」って怒ってるみたいな言い方(ツン)になっちゃう。
 
ただ、これだとキャラクターとして確立するには弱いので、ある程度誇張しないとなんですが。その誇張した部分が一人歩きした結果があのツンデレ喫茶みたいなコレジャナイ感溢れる感じのアレなんだろうなあ。

で、書くのが難しいっていうお話。キャラにツンデレな対応をさせたいと思ったときに、エピソード作りが難しいというか…気を付けないと、さっき書いたみたいな、ただテンプレに則った台詞を言わせただけみたいになっちゃう。

つまり何が言いたいかっていうと記憶喪失へし厚ネタで詰まっているわけです。
プロット書くときなんてほとんど勢いだから、何も考えずに「長谷部はツンデレだから厚君に告白されても手酷く振る」とか書いたわけですけど、いざ文章にしようとしたら、「ツンデレとは…??」って。

そんなこんなで、頭の整理がてら記事にしてみたのでした。
答えは出なかったけどな!\(^o^)/
まあ別に締切があるものではないのでじっくり考えて書こうと思います。書き終わる前に飽きないかだけが心配! 

見てきましたー!!
刀ステは先月だけど!!
今書いてた記事全部消えて絶望しかないけどもう一回書く。


ここから先はたぶんネタバレ含みますのでご注意ください!



先に今見てきた刀ミュの感想から!
刀ミュはトライアル公演で一度見てるのでストーリーや演技の感想と言うよりは、トライアル公演との比較になってしまうかもしれないんだけど…
いやね、ほんとすごかったの。最初刀ステ見たあとは正直舞台の方がいいなーって思ってたんだけどね!?生で見たら全然違った本当に申し訳なかった!!
とにかく迫力が凄くてとにかく圧倒されてしまった…!
それから本公演と言うだけあって、ストーリーもわかりやすくなってたし、何より曲数が増やされてて!よりミュージカルらしくなってる!
実はトライアル公演を観たとき、殺陣にどうしても違和感があったんだけど、本公演見てたら、あっ、これは振り付けの一部みたいなもんなんだ!ってスーっと受け入れられて…そういえばこれミュージカルだ!みたいな。(笑)で、違和感がなくなったからストーリーに集中できて感動が深まる、っていう。
 ミュージカルならではの、台詞が歌になってる演出も、トライアル公演では少なかった(なかった?)気がするんだけど、本公演ではかなり増やされてて、それがまたよかった!
特に今剣をみんなで説得するところの盛り上がり方が本当に凄くて、トライアル公演ではあまり印象に残ってないのに、本公演ではそこが一番印象に残ってる。音楽ってすごい!
本当にいいミュージカルでした!誘ってくれたしべちゃんありがとう!!
弁慶殿も義経公も相変わらずかっこよかった!
ライブも良かったよー!ライブって言うものに行ったことがないので、若干緊張しながら行ったんだけど、始まってしまったらそんなのぶっ飛んで、貸してもらったペンラ振り回してキャーキャー言ってました(笑)アイドルだった…完全にアイドルだったよ…
もはやペンラを何色にするべきかわからなかったよおれはもう箱推しだよ…
ほんと満たされました。楽しかったー!!





それから刀ステね!?もう、最高!その一言に尽きる。
役者さんの演技もキャラ解釈もストーリーもとても良かった!
特に鈴木さん演じる三日月がもう本当に理想で。理想で!!
あの物腰としゃべり方!本当に見ながら感謝しかなかった…!!
今konetaで書き進めてるへし厚小説の三日月の言葉遣いなどは舞台も結構参考にしてます。っていうか私の脳内では舞台の三日月で再生されてる。(笑)
あと宗三のエロさね!?あれ本当に男性ですか。なんなんですかあの色気!仕草がいちいち艶っぽいと言うのか…そして薬研が旦那でしかなかったよね。あれどう見ても薬宗だったね!?薬宗検索かけたくなりました。
で、演技もなんだけど何より殺陣の迫力!
時代劇を見て育ったからなのか、本当に殺陣を見るのが好きなので、そういう意味でもすごく満たされた! 
殺陣では特に小夜くん!上段蹴りの鋭さ!短刀だから体術もどんどん入れてくってのがよかったなあ。誰かから聞いたんだけど、テコンドーの段持ちだとか。さすがでした。動く動く。ほんとすごい。
それから、三日月。他の刀剣達が、刀を腰に帯びてないのもあってか、鞘も手に持ってて、片手でバッタバッタ斬り倒してくスタイルだったのに対して、三日月は、両手で構えて本当に舞うように敵を倒していくのが凄く綺麗だった。
それと対照的なのが宗三で、見た目のたおやかさに反して、上から叩き斬るような豪快なスタイル。実際の宗三左文字は結構ゴツいって聞くけど、それを体現しているようでなんかすごく興奮した!ストーリーの中枢になってるからか、他の刀剣よりも殺陣が多めで大変おいしゅうございました。
あと噂の軍議ね。私が実際に観に行った回は鯨の姿煮+鶴へし膝枕だったわけなんだけど、千秋楽のあれはなんだ。可愛すぎか????おはぎ飲み込めない長谷部も、台詞噛んじゃったり吹き出しちゃうまんばちゃんも、さらっとドS発言するいち兄も何もかも最高だった!

とりあえずダウンロード視聴の期限が切れるまではいっぱい観たいです。

このページのトップヘ

見出し画像
×